数理情報学モデル論セミナーI-d

更新日:2017-05-23

時間割コード

2501312

ナンバリングコード

GSI-11-6012-J

科目区分

主専攻科目

単位数

選択1単位

授業形態

セミナー

対象学年

修士1年

学期 曜日 時間 集中講義の有無

秋2期

講義室


開講専攻

数理情報学専攻

担当教員 所属

森本宏,柳浦睦憲,西村治道,BUSCEMI Francesco,胡艶楠

所属

数理情報学専攻

メールアドレス

各指導教員へ連絡すること。


授業概要


◆講義目的

数理情報学モデル論セミナーI-cに引き続き,数理情報学に関する修士論文研究を遂行する上で必要とされる知識や基礎理論の習得を目指す。

◆授業内容

これまでに立案した研究・実験から得られると予想される結論・結果の学術上の意味・価値を検討し,必要に応じて,新たな研究・実験の計画を立案または修正を行う。
その上で,必要となる知識や基礎理論があれば,量子情報科学,アルゴリズム理論,最適化理論などをさらに学んでもらう。

〔計画〕
1. 立案した研究計画から得られると予想される結論・結果を推論する。
2. その学術上の意味・価値を検討する。
3. 必要に応じて,研究・実験の計画を修正する。
4. 必要とあれば,新たな研究・実験の計画を立案する。
5. 研究遂行にあたっての研究倫理に関する注意点についても指導を受ける。
6. 必要となる知識や基礎理論を調べる。
7. それらの習得をする。
8. 総括をする。

◆教科書・参考文献・履修条件等

必要に応じて参考資料を配布する。

◆授業期間中の課題・宿題等


成績評価方法・基準

セミナーへの取組状況,プレゼンテーションや討論の適切さを総合的に評価する。

Course Title

Mathematical Modelling and Analysis I-d(Seminar)

Class Timetable Code

2501312

Numbering Code

GSI-11-6012-J

Course Category

Main majors

Credits

Elective1

Class Format


Grade

Master1

Semester, Day and Period

Autumn 2 semester

Instructor(s)

YAGIURA Mutsunori,etc

Affiliation

Department of Mathematical Informatics

Mailaddress

各指導教員へ連絡すること。


Course Topics

In this seminar, fundamental knowledge in mathematics and informatics will be taught in order for students to prepare research toward their dissertations in the field of mathematical informatics. In particular, to discover each student's interests and preferences, the participants in this seminar are expected to present various texts, which include suitable textbooks and research papers. Through this seminar, we assist the students to make their research plans. For the possible research topics for this seminar, please contact the instructor.

Course Purpose


Course Contents


Textbooks, Reference Materials and Requirements


Assignment


Grading Criteria