情報セキュリティとリテラシー2(CS)

更新日:2018-02-06

時間割コード

1000041

ナンバリングコード

SIS-01-2002-J

区分

専門基礎科目
コンピュータ科学科学生対象

単位数

CS必修1単位

開講形態

講義

対象学年

1年

学期 曜日 時間 集中講義の有無

春2期 月曜1限目

講義室

IB館南棟295演習室

開講系

共通

担当教員 所属

嶋田創,小川泰弘

所属

CS・情報システム,知能システム

メールアドレス

(嶋田)shimada@itc.nagoya-u.ac.jp
(小川)yasuhiro@i.nagoya-u.ac.jp

オフィスアワー

メール等で連絡の上,随時相談を受け付ける

授業概要

インタプリタ形式のオブジェクト指向スクリプト言語について学修することで,基礎的なプログラミングのリテラシーを身につける。プログラミング言語に関する概要を学び,プログラムにおける変数の概念,基本的なデータ型や制御文について学ぶ。さらには関数を作成したり既存のライブラリを利用することによって,問題解決のためのプログラミング技法の基礎を学修する。

◆講義目的

ユーザサービスの設計者,サーバ管理者のいずれにおいても,ウェブサービスやサーバシステムなどにおける情報セキュリティ関連の運用についての基礎知識は重要である。その基礎として,本講義ではスクリプト系プログラミング言語の修得を通じて,ウェブサービスやサーバシステム等のセキュリティログ処理などの基礎を学ぶ。

◆授業内容

インタプリタ形式のオブジェクト指向スクリプト言語について学修することで,基礎的なプログラミングのリテラシーを身につける。プログラミング言語に関する概要を学び,プログラムにおける変数の概念,基本的なデータ型や制御文について学ぶ。さらには関数作成,または既存ライブラリの利用等を通して,問題解決のための効率的なプログラミング技法の基礎を学修する。

1. 講義ガイダンス 
2. 計算機システムの利用方法とプログラミング 
3. 標準入出力と定数・変数 
4. データ型と演算 
5. 各種条件分岐処理およびループ処理 
6. ファイル入出力 
7. 関数呼び出し 
8. 最終課題と総括

◆教科書・参考文献・履修条件等

教材はスライド資料等として配布する。履修条件は計算機システムのユーザーアカウントを有していること。

◆授業期間中の課題・宿題等

演習課題としてプログラミングの小演習課題(提出不要)を与える。

成績評価方法・基準

講義の個々のトピックごとに与える小演習課題(要提出)の評価50%,最終課題50%,合計100点満点で60点以上を合格とする。

Course Title

Information Security and Information Literacy 2

Class Timetable Code

1000041

Numbering Code

SIS-01-2002-J

Course Category

Basic Specialized Courses

Credits

Compulsory [Department of Computer Science]1

Class Format

Lecture

Grade

1

Semester, Day and Period

Spring 2 semester Monday1

Instructor(s)


Affiliation


Mailaddress

(嶋田)shimada@itc.nagoya-u.ac.jp
(小川)yasuhiro@i.nagoya-u.ac.jp

Course Topics

Obtain basic programing literacy with learning interpreter type object oriented script language. Firstly, you learn outline of the programming language that includes concept of variable, basic data type, basic control statements. Then, you learn effective programing technique to resolve problems with utilizing functions and existing libraries.

Course Purpose

Even in user service designer side and server administrator side, basic knowledge for information security related operation on web services and server systems is important. As basics of those knowledge, you learn security log management techniques of web services and server systems through learning script type programming language.

Course Contents

Obtain basic programing literacy with learning interpreter type object oriented script language. Firstly, you learn outline of the programming language that includes concept of variable, basic data type, basic control statements. Then, you learn effective programing technique to resolve probelms with utilizing functions and existing libraries.

1. Lecture guidance
2. How to user computer systems and programming on them
3. Standard input / output, constant, and variable
4. Data type and arithmetic
5. Several types of conditional branch and loop operation
6. File input / output
7. Function call
8. Final exercise and overview

Textbooks, Reference Materials and Requirements

Provide printed lecture slides.
You must have a user account of the computer system to take this lecture.

Assignment

Provide several small exercises (not mandatory to submit) for individual topics.

Grading Criteria

Gives 50% weight for a small exercise (mandatory to submit) for one topic. Gives 50% weight for final exercise. You can obtain credit if you overs 60 points on 100-point scale.